2010年7月31日土曜日

幾分空に近づいて


Phot by Panasonic DMC-FX35

幾分空に近づいて

水平線に対峙して

息を軽く吐いたなら

空を飛んでいた時の

記憶が僅かに蘇る


2010年7月30日金曜日


Photo by SONY cyber-shot DSC-HX5V

心の業火を映したような

溶鉱の炉を覗いたような

現実味のない朱の色が

空の片で燃えている

2010年7月29日木曜日

薄紅の時


Photo by SONY cyber-shot DSC-HX5V

薄紅の

雲と流れる


蝉の声

2010年7月28日水曜日

朝日のクルス


Photo by SONY cyber-shot DSC-HX5V

朝日を浴びた十字架が

僕に向かって呟いた

懺悔の時はまだ来ぬか

2010年7月27日火曜日

残光の照射


Photo by SONY cyber-shot DSC-HX5V

残光が指した

空の彼方に


爪痕のような


月がいた

2010年7月26日月曜日


Photo by SONY cyber-shot DSC-HX5V

海へ向かう道は

日差しに照らされ

目印となる雲は

真白にきらり輝いた

2010年7月25日日曜日

見上げると


Photo by SONY cyber-shot DSC-HX5V

空に架かった道を見上げる

上行く人は見ることのない

ちょっと爛れた裏側が

なんだか自分の心のようだ

2010年7月24日土曜日

同心円の中心


Photo by SONY cyber-shot DSC-HX5

目玉のような太陽が

この地と僕を睨んでる

正しく無いと無言のうちに

伝えているの判っているよ

2010年7月23日金曜日

遠景

Photo by SONY cyber-shot DSC-HX5V

影絵のように浮き上がる

ビルの輪郭たどっていくと

遥か遠くに深紫の

首都やら山の稜線やらが

現に似合わぬ色合いで

夜へと向かう刹那に行き着く

2010年7月22日木曜日

月に届かん


Photo by SONY cyber-shot DSC-HX5V

随分高くに上がってしまった

今夜の月には背伸びをしても

指の先さえ届かぬようで

ため息混じりに己の肩を

慰める様に抱きしめる


2010年7月21日水曜日

十日余の月


Photo by SONY cyber-shot DSC-HX5V

未だ満たない月に照らされ

自我の殻さえ曖昧になる

形をどうにか保てるうちに

手を添え支えて下さらないか




2010年7月20日火曜日

夏色

Photo by SONY cyber-shot DSC-HX5V

海から吹いてきた風に

僕は靡いて欠片になって

空や雲や光の中に

薄く広く拡散していく

2010年7月19日月曜日

雨の日

Photo by Panasonic DMC-FX35

風を受け


雨に打たれて


風車は静かに


立ち尽くす

2010年7月18日日曜日

彩夜


Photo by SONY cyber-shot DSC-HX5V


彩光滲む雨の夜


特別綺麗に仕上がって


何かがここから始まるのかな


それともここが終末なのかな








2010年7月17日土曜日

雲に届かん


Photo by Panasonic DMC-FX35

異形の塔は


雲を従え


空の彼方へ


伸び続ける


バカバカしいほど


天に近づき


現実感を


投げ捨てる





2010年7月16日金曜日

夜に架かる軌道


Photo by SONY cyber-shot DSC-HX5V

夜空に架かった鋼鉄の


交わること無い平行は


ネオンに薄く照らされて


先の先まで続いてる

2010年7月15日木曜日

平行線の彼方


Photo by Panasonic DMC-FX35

繰り返される格子の先は


行き場をなくして途絶えてた






2010年7月14日水曜日

蒼の階調


Photo by SONY cyber-shot DSC-HX5V

光は薄き羽となり


空一面に広がって


そして光の根元に立てば


僕はいよいよ飛べるだろう


2010年7月13日火曜日

喧騒

Photo by SONY cyber-shot DSC-HX5V

喧騒の大地に刻まれた


人の生業は無為なるものか


刹那の空に照らされて


真っ直ぐ答えられるだろうか


2010年7月11日日曜日

朝色

Photo by SONY cyber-shot DSC-HX5V

朝がゆっくりやってくる


遠くで蝉が鳴いている


忘れがちな自我にさえ


薄い光が差してくる


白い時


Photo by SONY cyber-shot DSC-HX5V

真夏の光は真っ直ぐに


空も草も僕さえも


貫き通して進み行く



2010年7月9日金曜日

蒼の時


Photo by SONY cyber-shot DSC-HX5V


深い深い蒼色が


空も時間も包み込み


一人で輝く星程に


何時しか僕も遠のいて

2010年7月8日木曜日

逆光の中心


Photo by Panasonic DMC-FX35

こんなに強い光を浴びた


薄っぺらなこの僕は


分子や粒子に分解されて


影に向かって流された




2010年7月7日水曜日

夕暮れの蒼

Photo by Panasonic DMC-FX35

夕暮れ蒼が静々と


田んぼの中に満ち満ちて


月がゆっくり降りてきて


真珠のよう輝いた

2010年7月6日火曜日


Photo by Panasonic DMC-FX35

青い青い空の底


遠く高くを見上げては


光と青を吸い込んで


空の一部になっていく

2010年7月5日月曜日

風景

Photo by Panasonic DMC-FX35

どんだけ時間が過ぎただろう

茶碗の触れ合う音だとか

雨戸を開ける音だとか

お店を覗く人だとか

記憶の中にも無くなって

そこにあった生活は

景色の中に取り込まれ

静かにその身を横たえる


2010年7月4日日曜日

夏色の夕日

Photo by Panasonic DMC-FX35

いよいよ空は 朱に染まり


時は留まる 素振りも見せず


置いて行かれる 気配を感じ


僕は切なく なっていく

2010年7月3日土曜日

垣間見える夏

Photo by SONY cyber-shot DSC-HX5V

細密に描かれた


雲の陰影は


切り取ったばかりの


夏色を


風に乗せて


送り出す

2010年7月2日金曜日

紅の軌跡

Photo by Panasonic DMC-FX35

空が映った


軌道を辿り


空の終点に


行けるかな