2009年7月31日金曜日

緑の風

photo by Panasonic DMC-FX35

光を浴びて佇めば

緑の風が駈け抜けて

瞳を閉じれば耳元に

空を自由に飛んでいた

音の記憶がよみがえる



2009年7月30日木曜日

木陰

photo by Panasonic DMC-FX35

高い軌道の太陽が

白い時間を作り出し

乱れて飛び交う光の束が

影さえ白く照らし出す

2009年7月29日水曜日

木漏れ日

photo by Panasonic DMC-FX35

青い光がしなやかな

枝と葉っぱを滑り落ち

ぱたんぱたんと音を立て

石畳の上影落とす

2009年7月28日火曜日

薄紅の時

photo by Panasonic DMC-FX35

薄紅の時に思い出す

懐かしき人の面影は

微笑んでいるのか

泣いているのか

この場所からは見えなくて

どうにも判然としないけど

なんであんなに遠くに離れて

なんであんなに手を振るのかな

僕はまだ

手を振る準備もできていない



夜の堰

photo by Panasonic DMC-FX35

夜の堰を滑り落ち

水面が少し泡立ちて

絶えぬ水音巻き込んだ

翠の時が流れ行く

2009年7月27日月曜日

水面の風車

photo by Panasonic DMC-FX35

水面に写る風車の姿

いずれが影か泡沫か

どちらの姿が正しくて

どちらの思いが正直で

いずれも同じ意味を持つ

所詮どちらも夢現



2009年7月26日日曜日

夏の川面

photo by Panasonic DMC-FX35

そろりそろと
川面を抜けて
ビードロ細工の風が吹く
心を紡いで流した糸が
触れるか触れぬかたえだえに
届かないのがもどかしい

きららきらと
髪の毛揺らし
細かな光の風が吹く
心は動いて寄り添いながら
一つの形にまとまって
離れぬ様がいとをかし

紗の夜

photo by Panasonic DMC-FX35

僅かに流れる水面の果てに

薄い夜の紗がかかり

少し輝き広がって

少し温もり広がって

2009年7月25日土曜日

逆光の踏切

photo by Panasonic DMC-FX35

かろん

かろんと踏み切りに

鉄路の

音が小さく響く

遠くに

過ぎ去る夢のように

どこか

悲しく響いてる

かろん

かろんと小さな音が

いつまで

いつまで響いてる
















2009年7月24日金曜日

星と十字架

photo by konika minolta α7-D
TokinaAF19-35 1:3.5-4.5

夜を迎えて風車が止まり
吐息と一緒に羽根を広げる
祈りを捧げるクルスのように
一際明るく輝く星の
円弧を描く軌跡を辿り
いつまで
いつまで
奇蹟を祈る



2009年7月23日木曜日

星座のかけら

photo by Panasonic DMC-FX35


あぁ


穴が開いた心から

ぽろぽろぽろぽろナニモノカ

こぼれて落ちるが止められず


そぅ


誰かがそばで手を添えて

微笑み向けてくれるなら

抜け殻ぐらいは残るかも



2009年7月22日水曜日

不安の空

photo by Panasonic DMC-FX35

空が雲に覆われて

心が不安に覆われる

やがて雨が降ってきて

やがて涙がほとばしる

不安の空は悲しみを

風に乗せてやってくる

2009年7月21日火曜日

夜の風に涙して

photo by Panasonic DMC-FX35

湖面を渡る強風が

びょう

と心を揺さぶって

こんな些細な幸せが

ほろり

と指からコボレ落ち

背中に羽根が無いことに

ようやく

僕は気が付いた


2009年7月20日月曜日

夕日とインターチェンジ

photo by Panasonic DMC-FX35

夕暮れ時の路上にて

行き先知らずの我が心

どちらの道を選んでも

行き着くところに大差なく

闇が約束されていた

2009年7月19日日曜日

彼の地は喜び満ち溢れ

photo by iPhone

金に輝く空の果て

あそこ行けば幸せと

喜びだけが満ち溢れ

優しい思いに包まれて

笑顔の歌が聞けるだろう



碧の時

photo by iPhone

碧の時がやってきて

静かに夜へと移ろって

碧の風が吹いてきて

心の羽根が脹らんだ

夏に建つ鉄塔

photo by Panasonic DMC-FX35

強い光を真に受けて

その表面をちりりと焦がし

自ら灼と熱を持ち

歪みもしないで

揺るぎもしないで

弦をピンと張りながら

その場にがんと建ち続け

一歩も動かず立ち続け

2009年7月18日土曜日

降り注ぐ祝福のごとき光の中で

photo by Panasonic DMC-FX35

さららさららと光が流れ

身体の周りに広がって

ゆららゆららと光が揺れて

ゆっくり時が流れ行く

夜・地平線の空

photo by Panasonic DMC-FX35

夜を彩る青空は

宇宙の色で染められて

闇の中の景観に

瑠璃の球体転がった

2009年7月17日金曜日

滲む夕日

photo by Panasonic DMC-FX35

揺らめくように

日が暮れて

青が景色に

滲み行き

光や物の輪郭が

ぼんやり霞んで

熔けていく





2009年7月16日木曜日

円心の木漏れ日

photo by Panasonic DMC-FX35

木漏れ日の中に身を置いて
葉摺れの音に目を閉じて
瞬く光と交互の陰が
心をどこかに連れ去って
時はこの場を巡り行く

2009年7月14日火曜日

月昇る

photo by Panasonic DMC-FX35

街の灯りが薄っすらと

白の空気に写りこみ

月の明かりがやんわりと

雲の縁に集まった

大きく息を吸い込みながら

光を身体に溜め込んで

光る雲のかけらを集め

心の羽根を紡いだら

昇る月と同じところに

僕は飛んで行けるのに


夢色の記憶

photo by Panasonic DMC-FX35

誇張された色合いは

何だか現実離れして

遠い昔に夢で見た

不思議な色を思い出す

目を凝らせば凝らすほど

滲む景色のもどかしさ

思い出せるはずなのに

曖昧加減がもどかしい




月光風

photo by Panasonic DMC-FX35

月から風が吹いてくる

全てのものを

青に染め

光で螺旋を描きつつ

軌跡を長く引きながら

風は心を駆け抜ける


2009年7月13日月曜日

月の無い夜

photo by Panasonic DMC-FX35

月の無い夜は沈んだ青と

輝き無くした水面と

広き所を吹く風が

なんだか心を苛めて

一人で立っていることの

意味さえ見つけられなくて

一人で待っていることの

答えもどこにも見つからない



夜の鉄塔

photo by Panasonic DMC-FX35

どうしてここにいるんだっけ

役割なんてあったっけ

知ってる人はいたんだっけ

何かを忘れているんだっけ

だれか教えてくれるんだっけ

なにを頑張っていたんだっけ

ここにいてもいいんだっけ

2009年7月12日日曜日

草原の月光

photo by Panasonic DMC-FX35

女神が天から降り立って

私に手を差し伸べて

一瞬だけの温もりと

刹那の抱擁を与えんならば

私は歓喜に身を震わせて

夜を駈ける風になる


木漏れ日の森

photo by Panasonic DMC-FX35

ざわついた心

ざわついた森

何かは何時か

何処かで始まる

走ろうとする心は

何処に向かう

2009年7月11日土曜日

薄桃色の時

photo by Panasonic DMC-FX35

丘の上に見えている

小さな窓からこの僕は

どんな風に見えるかな

色付く空の儚さに

消え入りそうな存在を

少しは認めてくれるかな

2009年7月10日金曜日

豪雨

photo by Panasonic DMC-FX35

ざん

  ざん

   ざん

ごう

  ごう

    ごう


2009年7月9日木曜日

過去と未来の狭間にて

photo by Panasonic DMC-FX35

僕は思い出を紡いで

抱きしめた

君は思い出の果ての

未来に向かった

僕たちの居るその狭間

現は刹那に確かに在るが

そこを埋める術が無い

2009年7月8日水曜日

月光の下で

photo by Panasonic DMC-FX35


月光浴の横顔は


哀婉の様を顕著にして


青き陰影に縁取られ


妖艶となった曲線に


自我の境が曖昧となり


永遠へ思いを馳せて行く


ないしょだよ

photo by Panasonic DMC-FX35

この風景はないしょだよ

神様がずっと隠してたんだ

存在自体が奇跡の君が

小さな声でつぶやいて

風に吹かれて

月に照らされ

奇跡的な風景の

一部になって遠ざかる






水路の町

photo by Panasonic DMC-FX35

水路に沿って広がった

街は川辺に礎を築き

喜怒哀楽と人生を

水面に映して浮かんでる

2009年7月7日火曜日

天に流れる

photo by Panasonic DMC-FX35

天に流れる雲光り

天を流れる川となる

君がさらりと翻す

まとった紗色の輝きに

柔き光が集まって

別れの輪郭照らし出し

何処か知らぬが我が声が

届かぬ場所へと消えていく