2009年8月31日月曜日

港の塔

photo by Panasonic DMC-FX35

港を見下ろし朝日を浴びて

スチールグレイの躯体が光る

揺るぎもしない質量が

光の束を遮って

海への風を二分する

2009年8月30日日曜日

橋梁(ベイブリッジ)

photo by Panasonic DMC-FX35


空の一点指し示し

頂点目指して収束し

大きな大きな放物線を

奇跡のように吊り下げて

港を跨ぐ巨大な橋は

光と一緒に心を運ぶ


2009年8月29日土曜日

橋梁(つばさ橋)

photo by Panasonic DMC-FX35

高速道路の吊橋は

弦をぴんっと張り巡らせて

まるで楽器が鳴るように

風の爪弾く旋律を

細く長く響かせる


2009年8月28日金曜日

朝の工業地帯

photo by Panasonic DMC-FX35

工業地帯を駆け抜ける

朝日を背に受け加速する

高速道路を真っ直ぐに

空へ向かって加速する


2009年8月27日木曜日

晩夏

Panasonic DMC-FX35

変わり始めた空と雲

とうもろこしが手を伸ばす

上を掠める乾いた風が

晩夏の歌を運んでいった

2009年8月26日水曜日

人造の大地

Panasonic DMC-FX35

人造の大地は 今や草に覆われ

夜を煌々と照らす 光の塔がそびえる

人の生業というには あまりにも壮大で

恐れを知らないやり方は

もはや神の領域に近いようだ





2009年8月25日火曜日

憧憬

Panasonic DMC-FX35


そういえば

こんな色の景色の中を

歩いていた

ヒグラシの音色に包まれて

草の香りを吸い込みながら

夕暮れの青にすっかり染まって

君へ続く道を

ただ急いでいた




2009年8月24日月曜日

港湾の麒麟

photo by Panasonic DMC-FX35


生まれたばかりの太陽は

海と空との中間を

真っ直ぐ真っ直ぐやってきて

朝日となって港を照らす

港に並んだ麒麟のような

巨大な影は光を浴びて

大きく息を吸い込んで

大地にしかと立ち尽くす


2009年8月23日日曜日

光薄羽

Panasonic DMC-FX35

空の先に風が吹き

雲の端がきらめいた

光の薄羽がひろがって

心がすいと空滑る


夕日のスペクトル

photo by Panasonic DMC-FX35

時間と色は連動し

分解された

光が巡る

色と音色は連動し

ゆっくり小夜曲

紡がれる





2009年8月22日土曜日

乳白色の輪郭に

photo by konika minolta α7-D

乳白色の輪郭に

縁取られた夜色は

空の先に広がる闇を

透かして眺めているようで

2009年8月21日金曜日

水面の夏

photo by Panasonic DMC-FX35

懐かしいような風景に

立ち止まった川岸で

印象だけで描かれた

水面に広がる夏を見る


2009年8月20日木曜日

印象の風景

photo by Panasonic DMC-FX35

並んで眺めた風景は

想い出色に染まってて

わずかに覚えていた風が

君だけここから連れ去った

2009年8月19日水曜日

夜風に乗せて

photo by Panasonic DMC-FX35

潮の香りの混じった雲が

ゆっくりゆくり流れ行く

こんな夏の夜に吹く風に

僕の心を乗せたなら

君は気付いてくれるかな



2009年8月18日火曜日

出口への加速

photo by Panasonic DMC-FX35

繰り返し繰り返し

光が通り過ぎ

絶え間ない騒音に

抑揚が付けられる

いくつもの光を追い越し

閉塞感を振り払えば

出口に向かう加速度は

臨界点を迎えてた


2009年8月17日月曜日

風が変わった

photo by Panasonic DMC-FX35


薄い光で覆われた

風がシャラらと吹き抜けて

見えない羽根にちりちりと

雲母のようなキラ飾り

羽根がようやく仕上がって

大きく広げてみたならば

ここから飛翔は始まって

身体は想いを追いかける





2009年8月16日日曜日

空を行く

photo by Panasonic DMC-FX35

空に架かった索道に

ちょこんとゴンドラひっかけて

僕らは夏の稲穂の上を

風と一緒に進んでた

小さな窓から流れ込む

緑の香りや蝉の音が

一際夏を濃縮し

かごの中に充ち満ちた

とんぼ

photo by Panasonic DMC-FX35

木漏れのキラに誘われて

夏の日差しを見上げたら

太陽色に染まり行く

トンボがついっと光から

滑り出して横切った

クロス

photo by konika minolta α7-D

月の光がクロスに広がり

風車の羽根が祈りを捧げる

並んで見上げた彼の女は

確かにここに居たはずなのに

2009年8月15日土曜日

朱のイルミネーション

photo by Panasonic DMC-FX35

夕焼け色に染まった空に

残った青のグラデーション

儚い色が心を映して

短い波長で揺らめいて

別れの時に似たような

そんな光が心に射した

2009年8月14日金曜日

月の輪光

photo by Panasonic DMC-FX35

空に広がる月の輪に

我が心は寄り添って

明るく見える夜空の中に

風に流され広がった

2009年8月13日木曜日

夜の稲穂

photo by Panasonic DMC-FX35

月の作った青空に

向かって稲穂が伸びていく

月の光を吸い込みながら

僕と一緒に佇んで

優しい風に身を委ね

葉先を少し震わせた

2009年8月12日水曜日

混色の夕暮れ

photo by Panasonic DMC-FX35

夕焼け空に立ち止まり

ぼんやり空を見上げれば

変わり続ける光と影に

儚く流れる時を見つける

空はやがて青に移ろい

夜への序章が静かに始まる


2009年8月11日火曜日

対の鉄塔①

photo by Panasonic DMC-FX35

ある意味

ここは始まりで

時はここから流れだし

ある意味

ここは終着で

風はここに留まった

2009年8月10日月曜日

夜の首都高

photo by Panasonic DMC-FX35

metropolisの夜を駈け

上り下りを繰り返し

右や左へ向きを変え

ビルとビルの間を抜け

僕の軌跡はmeteorに変わる

2009年8月9日日曜日

家路

photo by Panasonic DMC-FX35

見上げた空の薄明かり

家路を急ぐ幼い頃の

不安の色を思い出し

薄く明るい玄関の

優しい匂いを思い出す

街路樹

photo by konika minolta α7-D
TokinaAF19-35 1:3.5-4.5

流れる雲と刹那の星が

並んだ枝葉にちょいと乗り

僕の居場所を指し示す



2009年8月8日土曜日

河口近く

photo by Panasonic DMC-FX35

橋を越えてやってくる

海の香りに振り向けば

夏の光で煌めいた

風に心を奪われる







2009年8月7日金曜日

残光

photo by Panasonic DMC-FX35

もう少し

僕の居る場に

光が要るんだ

紫に

染まった時が

静かに流れる

2009年8月6日木曜日

蝉時雨

photo by Panasonic DMC-FX35


蝉の時雨を身体に浴びて

響きが心を揺さぶって

上と下との境を失い

眩惑誘う昼下がり





2009年8月5日水曜日

水路

photo by Panasonic DMC-FX35

夜の水路が光を広げ

川面の小波彩って

岸辺に囁く水音も

少しの光が移り込む


2009年8月4日火曜日

廃屋

photo by Panasonic DMC-FX35

がらんがらんと

廃屋は

風を受けて響いてた

ばたたばたたと

屋根の端

煽られ泳いでいるようで

二度と開かないシャッターが

ほわりと時折ふくらんだ

2009年8月3日月曜日

空の軌道

photo by Panasonic DMC-FX35

空の軌道を揺るがしながら

圧迫感の質量が

頭を押さえつけていく

羽根を持たずに中空を

加速しながら走り去り

磁力のような渦を牽き

風を少し巻き上げた


2009年8月2日日曜日

藍色の風

photo by konika minolta α7-D
TokinaAF19-35 1:3.5-4.5


夜がゆっくり明けていく

白が広がるその前に

藍に染まった風が吹く

夜を過ごした彼の星が

風を受けて今一度

クルリクルリと瞬いた